大涌谷インフォメーションセンター

大涌谷イメージ

大涌谷周辺の観光情報や自然情報をご案内しています。 お気軽にお立ち寄りください。

*現在、休業中

【場 所】

箱根ジオミュージアム内 入り口すぐ 
(大涌谷くろたまご館 1F)

【開館時間】

午前9:00~午後4:30(年中無休)
*周辺パトロールや情報収集のため、スタッフが不在になることがあります。ご了承ください。

【問合せ】 TEL.0460-84-5201

 

 

大涌谷について

今からおよそ3,000年前、神山北西斜面で大規模な水蒸気爆発が起こり、そのときの爆裂火口の跡が大涌谷にあたります。

また、崩壊した神山山体が岩屑流となり、早川をせき止め、誕生したのが芦ノ湖です。

大涌谷は、いまなお噴煙があがり、 火山活動を間近に観察することができる貴重な場所です。

 

大涌谷園地・自然研究路

大涌谷~湖尻自然探勝歩道

神山~駒ヶ岳登山コース

 

大涌谷園地・自然研究路 ※平成28年7月現在立入禁止

 かながわの景勝50選 660m 往復 約30分

周辺マップ
大涌谷イメジ

上:自然研究路 
下左:玉子茶屋 下右:サラサドウダン

噴煙があがる大涌谷一帯は大涌谷園地といわれ、富士箱根伊豆国立公園の特別保護地区に指定されています。

 

周辺には火山性のガスが噴出しているため、高い地温や酸性土壌に強いアセビ、リョウブ、イオウゴケなどの植物が厳しい環境下でたくましく生きています。

 

春にはアセビやサラサドウダン、夏には、リョウブやノリウツギの花。秋にはナナカマドの紅葉など、四季折々に厳しくも美しい顔を見せてくれることでしょう。 眼下に広がる富士山や箱根の山々など雄大な景色をご堪能ください。

 

*平成14年に起こった土石流により、研究路の往路は現在も通行止めとなっています。
 安全情報については、火山ガスのページをご覧下さい。

大涌谷~湖尻自然探勝歩道 ※平成28年7月現在立入禁止

 2.5km 片道 約1時間20分

湖尻自然探勝歩道

↑湖尻自然探勝歩道

土石流が運んだ巨石

↑土石流が運んだ巨石(金太郎岩)

大涌谷からブナやリョウブの森を抜け、箱根ビジターセンターのある湖尻へと向かうコース。 コース上では、神山からの土石流が運んだ巨石(金太郎岩、舟見岩)などを見ることができます。

春から初夏にはオオルリなどの野鳥のさえずりも楽しむことができるでしょう。

神山~駒ヶ岳登山コース ※平成28年7月現在立入禁止

 *健脚向き(登山には等高線の入った登山地図を持参してください)

湖尻自然探勝歩道

土石流が運んだ巨石

春のヒメイワカガミ、初夏のコアジサイ、オオルリなどのさえずり、秋の紅葉、と四季折々の自然を楽しむことができます。

 

※山の天気は変わりやすいため、雨具や防寒具、懐中電灯、登山地図など山の装備を忘れずに。

案内板
コアジサイ コアジサイ
参考資料/パークガイド箱根