HOME > 丹沢とは

丹沢とは

丹沢大山国定公園・県立丹沢大山自然公園

 丹沢は、神奈川県北西部に広がり、県土面積の約6分の1を占める4,000haあまりの一大山塊です。都心からは西に約50kmという近さにあり、富士山の東側に位置しています。南北20 km、東西40 kmの範囲には、神奈川県最高峰の蛭ヶ岳(標高1,673m)をはじめ、丹沢山、檜洞丸など1,500mを超える山々が9座あり「神奈川の屋根」とも呼ばれています。
 急峻な地形のため深い渓谷や大小さまざまな滝を多く擁し、ブナやモミの原生林があり、ツキノワグマやカモシカなどの大型野生動物が棲息するなど、都市に近いにもかかわらず、豊かな自然が残されています。また、約900万人もの神奈川県民を支える水源地として重要な役割を担っています。
   1960年に県立丹沢大山自然公園に、1965年には丹沢大山国定公園に指定され、稜線部などの約1,867haは特別保護地区として、動植物が厳重に保護されています。
 しかし、近年、稜線部を中心としたブナの立ち枯れや、林内の下草の減少、土壌の流出、過密化したニホンジカによる生態系への影響、外来種の進入、登山やレジャーなどのオーバーユース(過剰利用)などの問題が懸念されるようになり、保全対策事業が行われています。
丹沢の四季

丹沢で確認された動植物の種類数(絶滅種・帰化種なども含む)

脊椎動物
哺乳類
37種
鳥類
158種
は虫類
11種
両生類
12種
魚類
22種

節足動物
昆虫類
5727種
ムカデ類
46種
ヤスデ類
39種
甲殻類
1種
クモ類
94種
ダニ類
(ササラダニ類)
106種

緩歩動物(クマムシ類)
36種

種子植物
1402種

コケ植物
142種
軟体動物
41種

シダ植物
193種

地衣類
90種

出典:丹沢大山自然環境総合調査報告書 丹沢山地動植物目録(1997)

自然公園としての歴史

○県立丹沢大山自然公園(11,355ha) :1960年に指定
○丹沢大山国定公園(27,572ha) :1965年に県立丹沢大山自然公園の中心部を指定

丹沢の山、高さベスト10

1位 蛭ヶ岳(1,673m)
2位 不動ノ峰(1,614m)
3位 鬼ヶ岩ノ頭(1,608m)
4位 檜洞丸(1,601m)
5位 棚沢ノ頭(1,590m)
6位 大室山(1,588m)
7位 丹沢山(1,567m)
8位 熊笹ノ峰(1,523m)
9位 竜ヶ馬場(1,504m)
10位 同角ノ頭(1,491m)
10位 テシロノ頭(1,491m)
その他
塔ノ岳(1,491m)
鍋割山(1,272m)
大山(1,252m)

関連施設


神奈川県自然環境保全センター

神奈川県立秦野ビジターセンター

神奈川県立西丹沢ビジターセンター

このページの先頭へ戻る