二百階段(2018.12.13) 
現在(8:20)は曇りで気温3℃。周辺の山々には霧状の雲がかかり、富士山も見えません。本園は「箱根離宮」の跡地に広がる公園でありますが、離宮当時からのものとして二百階段があります。雨上がりの後など、周辺に群生する苔の緑色が非情に映え、パワースポット的です。ご利用の際は滑りやすくなっておりますので、ゆっくりと気をつけてお歩き下さい。



箱根離宮の痕跡(2018.12.11) 
現在(8:30)は曇りで気温1℃。今にも小雪が舞いそうな空です。富士山は早朝は見えていましたが雲に覆われてしまいました。本園は「箱根離宮」の跡地に広がる公園でありますが、2度の地震でその建物は崩壊してしまいました。写真は離宮の西洋館の基礎(礎石)です。現在の湖畔展望館前の芝生の広場の中にその形が残っております。展望館2階のデッキからご覧ください。

震災により崩壊した建物(2018.12.10) 
現在(9:00)は曇りで気温1℃。肌寒い朝です。富士山は今日も雲に覆われて見えませ。本園は「箱根離宮」の跡地に広がる公園ですが、「箱根離宮」は大正12年(1923)の関東大震災により甚大な被害を受けたため西洋館は解体と日本館の縮小改修が行われた。その後、昭和5年の北伊豆地震により、建物の大部分は倒壊し、以後再建されなかった。写真は震災直後の様子です。ご来園の際には、湖畔展望館内に掲示してありますのでご覧ください。





当時の「箱根離宮」西洋館と日本館(2018.12.9) 
現在(8:30)は曇りで気温2℃。寒い朝を迎えております。富士山は雲に覆われて見えませ。本園は「箱根離宮」の跡地に広がる公園ですが、当時の「箱根離宮」は、2階建ての西洋館(延面積約563坪)と平屋建ての日本館(延面積約355坪)、明治天皇の行幸はなかったが、大正天皇や昭和天皇は皇太子の時代に訪れたとのこと。写真は竣工当時の西洋館と日本館です。ご来園の際には、湖畔展望館内に掲示してありますのでご覧ください。






箱根離宮の模型(2018.12.8) 
現在(8:45)は曇りで気温5℃。本園は明治19年に建造された「箱根離宮」の跡地に広がる公園であり、写真は湖畔展望館1階展示室にある離宮の模型です。芦ノ湖に半島のように突き出た地形に、中央の高台に建っているのが離宮の西洋館と日本館です。周りは緑の木々に覆われております。元皇族の避暑地という歴史と品格を有し、天気の良い日には富士山と芦ノ湖の素晴らしい景色も見られる当公園に、是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか!!


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54
o